Just another WordPress site

トップ > 研修医 > 研修医 (医科) > 研修環境

研修医 (医科)研修環境

 

施設案内

研修医室

各自に1つずつ机あり。

冷蔵庫、電子レンジ、電気ポット テレビ、ソファー、 冷暖房完備、貴重品ロッカー、
パソコン…電子カルテ端末4台、インターネット端末2台、プリンター、コピー機

(ネット利用申請により、持込PCでのインターネット利用可)

 

 

 

 

 

ロッカールーム

初期研修医専用のロッカールーム・更衣室力ードキーで入室

 

その他

  • 仮眠室
  • シャワー室
  • 院内コンビニエンスストア(ファミリーマート 営業時間 7:00~22:00)
  • 職員専用食堂

 

図書室

当センターの図書室は、24時間利用可能で、各診療科に対応する単行書のほか、月ごとに刊行される雑誌も揃っています。また、4台のパソコンによってネット検索が可能で、カラープリンターやコピー機も設置されているため、いつでも研修医の先生方の学習や資料作りに対応出来るようになっています。パソコンでは、『Cochrane review』や『Up To Date(20専門領域以上にわたる10,500件以上の臨床レビューが閲覧可)』などの臨床支援ツールを利用でき、学習をサポートしています。さらに図書室には、「研修医のための推薦図書コーナー」が設けられており、各診療科の医師から研修医向けに推薦する図書が集められております。
主要な外国雑誌についてはオンラインジャーナルとして、院内のどのインターネットパソコンからも検索に引き続きシームレスに全文閲覧することが可能です。病院で閲覧できない文献については、図書室 司書にリストを渡せば、病院の費用負担により無料で1週間~10日前後で全文を手に入れることができます。
書籍の購入については、年間約2千万円ほどの予算を確保し、診療科ごとに割り振られた算内で、毎年必要な書籍を購入することが可能になっています。

 

 

■蔵書数


 

単行書 13,186冊
医学関連和書 12,305冊
医学関連洋書 687冊
その他(DVD等)

194冊

オンラインジャーナル 63誌
サイエンスダイレクト院版 海外 約760誌
メディカルオンライン 国内 約1,200誌
メディカルファインダー 国内 約55誌

 

 

研修医の待遇

身分

非常勤専門業務職員

休暇

年次有給休暇:1年次に10日、2年次に11日付与

その他夏期休暇、誕生日休暇等あり。

 

社会保険

健康保険、厚生年金、労災

その他

研修医用スクラブあり。院内でクリーニング可。
講習会(BLS、ACLS、JATEC、ICLS、PALS 等)受講料は原則センター負担
発表者として学会参加の場合、旅費・参加費支給あり。

 

給与

月額 賞与(6月・12月支給)
卒後1年次 50万円(35万+各種手当) 年間約83
卒後2年次 約60万円(35万+各種手当) 年間約122万円

 

 

勤務体制

当センターの勤務規定による。当直日直については、研修医は救命救急センター外来での研修当直を行い、内科系、小児科系、外科系当直医(上級医)の指導の下に救急医療にあたる。なお、当直明けは休みとする。