Just another WordPress site

トップ > 専攻医 > 専門研修プログラム > 内科(基幹)

専門研修プログラム内科(基幹)

代表者メッセージ

研修プログラムの概要と当センターでの研修の特長

研修プログラムに参加するには

指導医について もっと知りたい方へ 診療科の紹介

 

 

代表者メッセージ

プログラム統括責任者

副院長・消化器内科部長

杉原潤一

岐阜県総合医療センターは、岐阜地域における代表的な中核病院であるとともに大学病院本院に準じた機能を有する病院とされるDPC医療機関Ⅱ群施設に認定されており、平成30年度から実施される新たな内科専門研修制度においても自らが基幹施設として広く専攻医を募集することになりました。

当センターでの研修を中心に、救急医療を含めた内科領域全般にわたり幅広く内科的医療の実践に必要な知識と技能の獲得をはかるとともに、岐阜県および近隣医療圏にある連携施設(14施設)における研修も通じて地域のニーズに即した内科領域の医療を実践できる臨床医を育成すべく、内科スタッフが全力を挙げて取り組んでいきたいと考えております。

内科の幅広い領域に及ぶ豊富な症例および充実した指導体制(多数の内科指導医やsubspecialty領域の専門医・指導医)を背景に、総合内科専門医の資格取得だけにとどまらず、各自が目指すsubspecialty分野の高度な知識や技能も身に付けて、subspecialty分野の専門医取得につなげていくにも最適な環境であると確信しております。

また専攻医の様々なニーズ(大学院進学、Generalist 志望など)にも応じることができるプログラムにもなっています。数多くの内科スタッフが総力を挙げてサポートさせていただきますので、やる気に満ちた専攻医の皆様の当センターでの専門研修をお待ちしています。

 

研修プログラムの概要と当センターでの研修の特長

バラエティに富んだ多くの連携施設を有し、様々な医療の場での研修が可能

岐阜県総合医療センター内科専門研修施設群

基幹施設

岐阜県総合医療センター

連携施設

14施設)

地域医療研修病院

9施設)

中濃厚生病院・高山赤十字病院・県立下呂温泉病院・
郡上市民病院・市立恵那病院・美濃市立美濃病院・

揖斐厚生病院・各務原リハビリテーション病院・

河村病院

高次機能病院

5施設)

岐阜大学医学部附属病院・愛知医科大学付属病院・

長良医療センター・岐阜市民病院・岐阜赤十字病院

 

各研修施設の紹介【PDF】

 

豊富な症例数

基幹施設である岐阜県総合医療センターのみでも日本内科学会が定める症例(56疾患群以上160症例以上)を主担当医としてほぼ経験することができます。そのうえで、各連携施設での研修を通じて地域に密着した医療から高度に専門化した医療まで多様な臨床現場での診療に携わることが可能です。

 

岐阜県総合医療センター診療科別診療実績(2016年度)

 

入院実患者数

(人/年)

外来延患者数

(延人数/年)

消化器内科

1,388

33,455

循環器内科

2,414

34,027

糖尿病・内分泌内科

213

11,933

腎臓内科

209

9,403

呼吸器内科

825

11,100

神経内科

467

10,347

血液内科

170

7,952

総合診療科

90

15,828

 

専攻医の希望に沿って柔軟に研修スケジュールを組むことが可能

内科専門研修1年目、2年目の2年間のうち、原則として岐阜県総合医療センターで通算1年間、連携施設で通算1年間研修をおこないます。

専門研修3年目は、基幹施設である岐阜県総合医療センターでのsubspecialty領域を中心とした研修を原則とします。ただし内科領域の幅広い研修の希望や不足している症例登録や病歴要約作成にも対応できるように、研修診療科の選択においては複数科も可能とし、専攻医の希望を尊重しつつ、内科専門研修プログラム管理委員会で調整し決定します。

従って、特定の分野でスペシャリストを目指す専攻医にも、内科のジェネラリストを目指す専攻医にも対応したプログラムであると言えます。

また、希望があれば3年目を連携施設で研修することも可能です。これにより、連携施設での通算2年間の研修や内科専門研修期間中の大学院進学も可能となります。なお、当プログラムでは大学医局への入局の是非は問いません。

 

 

※連携①:県立下呂温泉病院

 連携②:地域医療研修病院(9施設)のうち、1施設

 連携③:全連携施設(14施設)のうち、1施設または2施設

(地域医療研修病院及び連携施設の定義は、上記「岐阜県総合医療センター内科専門研修施設群」参照。)

 

研修プログラムに参加するには

  • 募集定員:1学年あたり10

  • 採用の手順:書類選考および面接を行いプログラム管理委員会で採否を決定します

  • 応募について:募集を開始する際は、当サイトにて情報を掲載いたします。

専攻医採用情報(サイト内リンク)はこちら

 

病院見学及びお問合せに応じます。

病院見学申込みフォームはこちら

お問い合せフォームはこちら

岐阜県総合医療センター 研修センター 棚橋

TEL:058-246-1111 内線8158

 

指導医について

当ページにおける「指導医」とは、下記①または②に該当する者をいいます。

 ①総合内科専門医

 ②内科認定医のうち、サブスペシャルティ領域の専門医資格を1回以上更新している者

指導医数:26名
※研修施設群全体 175

 

役職

指導医

副院長・消化器内科部長

杉原 潤一

副院長・循環器内科部長

野田 俊之

臨床検査科部長

天野 和雄

腎臓内科医師

小田 寛

内科部長

飯田 真美

総合診療科部長

宇野 嘉弘

呼吸器内科部長

浅野 文祐

神経内科部長

西田 浩

糖尿病・内分泌科部長

大洞 尚司

高度先端医療センター部長

荒井 正純

中央リハビリテーションセンター部長

谷畠 進太郎

肝臓内科部長

清水 省吾

血液内科部長

山田 俊樹

呼吸器内視鏡部長

松野 祥彦

内視鏡部長

山崎 健路

胆膵内科部長

岩田 圭介

腎臓内科医長

横山 温子

呼吸器内科医長

都竹 晃文

循環器内科医長

岩間 眞

内視鏡部医長

安藤 暢洋

神経内科医長

櫻井 岳郎

循環器内科医長

割田 俊一郎

循環器内科医長

吉眞 孝

感染症内科部長心得

鈴木 純

総合診療科医長

岡田 英之

腎臓内科医長

岡田 美帆

 

もっと知りたい方へ

プログラムの詳細は下記の「岐阜県総合医療センター内科専門研修プログラム 専攻医研修マニュアル」をご参照ください

専攻医研修マニュアル【PDF】

 

診療科の紹介

岐阜県総合医療センターホームページリンク

内科・総合診療科

糖尿病・内分泌内科

循環器内科

腎臓内科

消化器内科

血液内科

神経内科

呼吸器内科

 

■中日新聞 LINKEDに当センターの経カテーテル大動脈弁留置術<TAVI>が紹介されました。