Just another WordPress site

トップ > 専攻医 > 整形外科

専攻医整形外科

代表者メッセージ

主任部長兼整形外科部長

代表者氏名 横井 達夫

整形外科は運動器官を構成するすべての組織、つまり骨、軟骨、筋、靭帯、神経などの疾病・外傷を対象とし、診療を行う専門領域です。新生児、小児、学童から成人、高齢者まで全ての年齢層が対象になり、その内容は多様で治療の必要な患者数が極めて多いのが整形外科の特徴です。当センターは新患数、外来患者数、入院患者数、手術件数など診療科の中でも多く、様々な症例を経験でき、糧とすることができます。経験した症例の数と質が、今後の臨床の力となります。ぜひ当センターで研修し、力をつけていただきたいと願っております。

 

研修プログラムの概要と当センターでの研修の特長

整形外科の研修で経験すべき疾患・病態は、運動器官を形成するすべての組織の疾病・外傷・加齢変性です。この多様な疾患に対する専門技能を習得するために、本研修プログラムでは1ヶ月の研修を1単位とする単位制をとります。全カリキュラムを脊椎、上肢・手、下肢、外傷、リウマチ、リハビリテーション、スポーツ、地域医療、小児、腫瘍の10の研修領域に分割し、基幹施設および連携施設をローテーションすることで、それぞれの領域で定められた単位数以上を修得し、39ヶ月で45単位を修得するプロセスで研修を行います。

 

 

当センターは岐阜大学整形外科専門研修プログラムの連携病院の中でも、大規模総合研修病院としての役割を担っています。大規模総合病院では救急医療としての外傷に対する研修に加えて、サブスペシャリティに対する専門性の高い研修(特に脊椎・上肢・関節)を受けることができます。症例数の豊富な当センターでの研修は、専門医取得にとどまらず、一生の糧となる経験になるでしょう。

岐阜大学整形外科専門研修プログラムにおける研修選択の例です。当センターを2年経験できるプログラムを選んでいただきたいと思います。

 

1年目 2年目 3年目 4年目
プログラム9 岐阜大学 揖斐厚生病院 岐阜県総合医療センター
プログラム10 岐阜大学 市立美濃病院 岐阜県総合医療センター
プログラム11 岐阜大学 下呂温泉病院 岐阜県総合医療センター
プログラム12 岐阜大学 西美濃厚生病院 岐阜県総合医療センター
プログラム13 岐阜大学 郡上市民病院 岐阜県総合医療センター
プログラム14 岐阜大学 羽島市民病院 岐阜県総合医療センター
プログラム15 岐阜大学 市立恵那病院 岐阜県総合医療センター
プログラム16 岐阜県総合医療センター 木沢記念病院 岐阜大学
プログラム17 岐阜県総合医療センター 高山赤十字病院 岐阜大学
プログラム18 岐阜県総合医療センター 彦根市立病院 岐阜大学
プログラム19 岐阜県総合医療センター 岐北厚生病院 岐阜大学

 

 

研修プログラムに参加するには

 研修プログラムに参加するには岐阜大学整形外科専門研修プログラムに応募してください。

岐阜大学医学部附属病院整形外科専門研修プログラムへの外部リンクはこちら

 

当センターでも問い合わせに応じます。また初期研修医2年目の短期見学に応じます。 

病院見学申込みフォームはこちら

お問い合せフォームはこちら

岐阜県総合医療センター 研修センター 棚橋

TEL:058-246-1111 内線8158

 

指導医について

■指導医数:3

 

役職

指導医

脊椎脊髄センター長

細江 英雄

リハビリテーション科部長

飯沼 宜樹

整形外科医長

棚橋 宏行

 

 診療科の紹介

 診療科案内

整形外科【PDF】

 

岐阜県総合医療センターホームページリンク

整形外科