Just another WordPress site

トップ > 研修医 > 研修医 (医科) > 研修医インタビュー

研修医 (医科)研修医インタビュー

初期研修医2年目  葛西 佑太朗

岐阜県総合医療センターでの研修で感じたことは、研修プログラムや指導体制の豊富さです。研修1年時では主に臓器別として内科系・外科系、救急外来をローテートします。多くの診療科を幅広い視点から研修することができるだけでなく、既に将来の進路が決まっている場合には、各診療科の専門的な知識を学ぶことも出来ます。当直を含む救急外来の研修では、私たち研修医がファーストタッチで診察をさせて頂いています。子供から高齢者、軽症から重症の症例まで数多くの疾患を経験・診察することが出来ます。もちろん上級医の先生方の指導も充実しており、判断に困った場合にはすぐに相談できる体制となっているのも特徴です。この経験を通して多くの診察技術や思考力、判断力を養うことが出来たと思います。

研修生活中は様々なレクチャーが設けられています。各診療科の先生方によるレクチャーでは、疾患概念や治療方法を体系的に学ぶことができるだけではなく、明日の診療にすぐに活かすことができる知識や技術も学ぶことが出来ます。中には研修医が主体で自身の経験した症例を発表する機会や内視鏡検査、超音波検査、縫合などの手技を実際に身体を動かしながら学ぶ機会もあり、様々な経験を積むことが出来ます。

同期の仲間とは時には知識を共有しあったり、時には休日を一緒に過ごしたりと充実した毎日を送ることが出来ます。是非一度見学にいらしてみて下さい。

 

 

初期研修医2年目  田口 真由香

岐阜県総合医療センターでの研修の特徴についてお話します。当院の研修は平成28年度より内科・外科別のプログラムから臓器別プログラムに変更になり、1つの疾患に対して内科的にも外科的にもアプローチできるようになりました。外科志望の研修医にとっては1年目からより多くの手術に入ることが可能になり、内科志望の研修医にとっては疾患を解剖学的にとらえる良い機会となっています。また、2年目では必須診療科以外の9ヶ月は自分でカリキュラムを決定するため、幅広い診療科で指導医の先生のご指導の下、基本的な診療能力から専門的な知識まで学ぶことができます。

また、救命救急センターでの研修が充実している点も魅力の1つです。2ヶ月間のローテートに加え、日々の当直では一次救急から三次救急まで研修医がファーストタッチで診療にあたっています。当直は成人当直だけでなく小児科当直もあるため2年間で成人・小児科両方の救急症例を経験できることは非常に有意義です。また、判断に困る症例に関しても内科・外科当直、小児科当直の上級医の先生にいつでも相談できる体制が整っているので安心です。

初期研修医は総勢30人以上の研修医が在籍しており、出身大学も様々です。同期と研修医室で症例報告したり談笑したり、オフには食事や遊びに行ったり、大変なこともありますが、お互いに刺激し合いながら楽しく充実した研修生活を送っています。

興味を持った方は是非一度病院見学に来てください。お待ちしています。